--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-02-02

長崎に行ってきました その②

長崎旅行の続きです


雪交じりの前日とは違って
青空の広がるいいお天気になりました

朝8時集合で、徒歩で1.2キロの グラバー亭までの散策に参加しました
風は冷たいけど、歩くと気持ちい^^


大浦天主堂↓
秀吉の時代、殉教した二十六聖人のために建てられた教会

長崎・軍艦島 (69) 

世界宗教上の奇跡といわれている『信徒発見』のマリア像が祭壇横に飾られています



幕末の志士たちも滞在した
世界遺産 グラバー亭↓

長崎・軍艦島 (79) 

スコットランドの貿易商人だったトーマス・グラバーは 三菱の創建・経営に関与し
 日本の近代産業に大きな影響を与えました

龍馬の隠れ天井部屋っていうのもありました


長崎・軍艦島 (81)
 
↑グラバー亭の石畳の ハートの石
   ご利益があるというので みんなで 撫でました 


グラバー亭から歩いて10分ぐらいの港に向かい
この↓波止場から 船で 軍艦島へ

この旅行のメイン中のメイン

軍艦島の冬場の上陸率は30パーセント

こんなにお天気がいいのに波が高いと 上陸できないこともあるそうで・・


長崎・軍艦島 (90) 

無事上陸できるか心配、船酔いも心配。

船に乗る前に 誓約書を書かなければなりません
何かあっても当社は責任は負いません・・っていう(^^;

軍艦島まで40分

沖にでると、船は大きく揺れ始めます。。

長崎・軍艦島 (95) 

軍艦島のホントの名前は 端島(はしま)

三菱の海底炭鉱の島で 島の周りを岸壁で覆っていて高層アパートが立ち並んでいる外観が
軍艦に似ているところから『軍艦島』と呼ばれるようになりました

船は上陸前に 島の周りをぐるりと周ってくれました


 長崎・軍艦島 (98)


長崎・軍艦島 (109)

波は穏やかに見えますけど、実は 何かにしっかりつかまってないと
写真が撮れないくらい 船はぐらんぐらん揺れてます






長崎・軍艦島 (112)

左側↓にあるのは小中学校 屋上に 屋根がつぶれてしまった体育館があります
右側は病院 いまだに レントゲンのフィルムやカルテが散乱してるそうです

長崎・軍艦島 (122)

7階建ての小中学校。島の中にどのくらい子供たちがいたんでしょうね

長崎・軍艦島 (123) 


高層アパート
病院 学校 プール パチンコ 映画館などの娯楽施設が整備されていて
人口密度が東京の9倍だったとか
日本の何処よりもはやく 3種の神器の電化製品(テレビ洗濯機冷蔵庫)が普及していたということだから、高給取りだったんでしょうね

命がけの炭鉱の労働はホントに大変だったでしょうけど、
沢山お給料をもらえるから、沢山の人が移住したんでしょうね

現在
韓国で 『軍艦島』っていう映画が作られているそうです
虐げられた朝鮮の炭鉱夫が命がけで脱出する・・という 
『アルカトラズからの脱出』みたいな映画らしいですが^^;
実際の軍艦島は 豊かで 子供たちがたくさん楽しく暮らしていたところなんですよね
的外れな妄想を映画で作って欲しくないなぁ~って思います


話がずれちゃいました^^;
すみません


さて いよいよ やっと上陸です


上陸の際
ヒールの高い靴は禁止
傘を差すのも駄目だそうです

足腰の弱い人、心臓の弱い方は上陸できないそうです トイレも自動販売機もありません




長崎・軍艦島 (124) 

上陸見学 といっても
島の中はがれきだらけで崩れているので 危険なため
ほんの一部しか 見学できません

ガイドの誘導にしたがってまわります


長崎・軍艦島 (125)

島に上陸してみると
ホントに小さな島だなぁと感じます

長崎・軍艦島 (127)


          右↓にあるのは ベルトコンベアーの支柱↓
    奥は小中学校  教室の中を明るくするために大きな窓になっています

長崎・軍艦島 (129)

明治時代のレンガの外壁↓
波で崩れ、壊れたらまた周囲の外壁をコンクリートで覆い また崩れたら覆って。。



長崎・軍艦島 (135)

レンガ造りの総合事務所↓
ここに共同浴場があったそうです  
鉱夫が仕事を終え、お風呂に入ったそうなんですが いつも真っ黒だったそうです

長崎・軍艦島 (141)

補強はしていますが
台風などの影響で どんどん壊れてってます

長崎・軍艦島 (148)

台風の高波は、この建物を超えるほど。。なんだとか
九州の台風の威力はすごい 


長崎・軍艦島 (149)

奥の7階建てのビル↑
大正15年に建てられた日本最古の鉄筋コンクリートの高層アパート


長崎・軍艦島 (154)

がれき・・廃墟・・といえば そうなんですけど・・

その一言では表現したくないというか
 なにか ぐっ・・と迫ってくるものがありました


長崎・軍艦島 (155)

栄華を誇った その後の
寂しさ・・ むなしさ 虚無感・・

日々 壊れていくものの、 その様(さま)さえも
アートスティックな 美的な 感じ がします


長崎・軍艦島 (156)

どんどん崩れていっているので
いずれは上陸できなくなる。。といわれている 軍艦島

行くなら 今のうち。。かも。



陸に戻って
中華街で 昼食です

長崎・軍艦島 (157)

ちょうどランタン祭りの前日でした


昼食は ちゃんぽん定食でした↓


長崎・軍艦島 (160)

ちゃんぽんが大皿に入ってきて びっくりでした(笑)


ホントに時間の無い
お土産をじっくり見て回る時間も無い 旅行だったんですけど
念願の軍艦島 にも行くことができて
大満足の楽しい 旅行でした^^




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。