2016-09-01

2014年 秋の荒島岳

2014年10月末

福井県勝山市 荒島岳 に登ってきました

 

 

荒島岳 1523メートル

↑の写真では荒島岳は見えません。

奥の奥にあります

1523メートル。。とはいえど・・

荒島岳 なかなか 簡単には登らせて貰えない山でした(笑^^;)

 

 

元スキー場のゲレンデを登って 荒島岳の登山道へ向かいます

ゲレンデの林道コース。。って感じでしょ

でも段々急になってきて(^^;)

1時間ほど 登って~

 

ようやく登り口↓↓


 

林の中の道が続きます

ブナの原生林の中を歩くのはとても気持ちいいです

 

 

↓<トトロの木> と呼ばれています

樹齢300年はあるとか

 

木の根っこが地面に出てきていてなんかいい感じです

 

この根っこ道、登りはとても歩きやすくて

今までの山登りの中で ここが一番好きかも~なんて思ったのですが

 

帰りの下りは 木の根っこが超~邪魔で とってもとっても歩きにくかったです

この根っこ早く終われ~と思ったくらい。

 

で、この根っこの道が終わったら 今度は 行けども行けども終わらない

階段地獄が待っていました><

 


 


しゃくなげ平到着。標高1204メートル

ここまで来るのに 3時間 

ふぅ~ もうこのまま下山してもいいくらい^^;


 

ここからが本番

難所が続きます

<もちがかべ>

 

急な階段と岩場が続くので

ロープが張ってあります

それにつながって 登り下りします

このロープがあってほんとに助かりました

 

この急な階段に

かなり 体力消耗~


 

結構登ってきたよ

 

わたしの場合 写真を撮ることで しばし休憩取ってる。。って感じです

 

息もたえだえ

 

頂上はもう少しなんだけど、中々着かない

 

 
 
 
12時45分ごろ ようやく 頂上に到着
↓↓


 

頂上から見渡すとこんな山が見えます~ の案内板

カメラに収めると 目玉親父みたい(笑)


 

頂上からは白山が見えます↓ 雲がかかってるけど


 

 

山頂で食べるラーメンは最高!!

↓↓




 

さぁ 下山です

紅葉がきれい~ 

 

 

もちがかべの難所は 行きは 何とか登りはしたけれど

帰り、もしかしたら私は中々降りられないんじゃないか・・と

とてもとても心配してたんですが

ワリとすんなり降りることが出来ました

これもロープのおかげです

 

ロープが1本あるだけで ずいぶん違うんですね

 

登りもしんどいけど

下山もしんどい

降りても降りても 中々下に着かなくて


足がぶるぶる笑って 自分のものじゃないみたいで

やっと 登り口の ゲレンデに到着


 足が痛くて痛くて この急坂が地獄 でした。

 


 


駐車場に着いたのは 5時前

もう日がくれそうです

 

 

今年最期の登山。

中々のツワモノでした

 

しんどかったけどね でも、楽しかった~

 

私でも 何とか 登れるもんなんですね~

 

いいお天気で 暑かったです この日飲んだ水分 500mlのペットボトル 3本 でした

 

登山後の 抹茶のアイス おいしかったです~

 



スポンサーサイト
2016-09-01

2014年 初秋の伊吹山

2014年9月

滋賀県の伊吹山に登ってきました

 

伊吹山って何処?? つて イマイチ わからないでしょうが~

関が原の近くです

新幹線が停車する 米原市 にある 1377メートルの 百名山の一つです

 

その昔、織田信長が 西洋のハーブを集めて 植物園を作った・・という 

薬草がいっぱい生えている伊吹山です

 

 

 

 

金沢を朝の6時に出て 高速で2時間半で 伊吹山入り口に到着

 


 

休みなしで登れば3時間20分で頂上までいける。。はず(^^;

 

8時45分に登山開始

一合目までは林の中を登ります

うす曇りで 涼しいので 爽快です

 

 

40分かかってやっと1合目に到着

ここから3合目まで スキー場跡を登っていきます

2009年までスキー場だったそうです

滋賀県とはいえ、このあたりは豪雪地帯

緩やかな傾斜に見えるかもしれませんが

結構急な坂です。なんたってスキー場ですから。


 


ススキの中を歩きます

初秋らしい風景です

遠くにちょっとだけ琵琶湖が見えます

鮮やかな赤い実 なんの実なんやろう~??

葉っぱが独特の形なんだよね。

 


三合目あたり。 あの↑頂上をめざします


五合目あたりから見下ろすと 琵琶湖が大きく見え出しました

 

↓これから 本格的な山登り^^; 

結構な急勾配
 
6合目あたりにある 山小屋
↓ハイジの小屋みたいね
スローペースになって来ました
みんなから置いてかれちゃう~
 
8合目

ここからが岩場だらけで大変^^;


頂上までもうちょっと↓


 

 
 
 
頂上到着!!

約4時間 かかりました

高々 1377メートルとはいえ、寒かったです~


その昔、ヤマトタケルノミコトがここに来て 神様と戦ったんだそうです

負けちゃったんだって~

 

お花の写真 あんまり撮らなかったんだけど~

アキノキリンソウ
 

トモエシオガマ
 

マムシ草 毒々モンスターみたい
 
 
 イブキトリカブト

戦国時代 トリカブトの毒を矢じりにつけたんだそうです
 
 
 

岩場を降りるので 下山も足元注意しながら たとえ、遅れようとも マイペースで降ります
怪我したら大変!
 
5合目↓

空がすっかり秋の空ですよね

こんな風に山頂まではっきりと見える伊吹山も珍しいのだそうです

大体 山頂に雲がかかってる。。のだとか

ひざが がくがくで きしんできました。

約3時間で下山


1377メートルと そんなに高い山ではありませんでしたが、結構しんどかったです

琵琶湖が一望できて 中々 面白い 山でした

 

 

 

2016-09-01

2014年 立山登山ツアー

2014年9月 立山のバスツアーに参加しました

金沢駅からバスで約2時間 お隣富山県の立山の室堂に到着。

 

 

金沢を出てから ずっと晴天が続いたのに

室堂に着く15分ぐらい前から

ガスがかかり始め。。。


室堂 標高2405メートル

出発時は 雲で山頂が見えず。。

 

 

室堂まわりの道は ワリときれいに整備されています 

立山は 室堂まで観光バスで行けるので サンダル履きでこのあたりを歩く観光客もいます(^^;)

日本一高いところにある駅(トンネルを走るトロリーバスの駅) といわれています

 

でもね

この道、見かけきれいに整備されてるように見えますが ものすごく でこぼこで とても歩きにくい道でして(^^;)

チングも私もほかの登山客の人も 真ん中を歩かず、道の脇のコンクリートのトコを歩いてました(笑)


 

休憩所のある <一の越山荘>までは  こんな感じの道が続きます

雪渓


滑らないようゆっくりと

 

↑左上に四角く見えるのが 頂上です

近くに見えるけど けっこう 遠い^^;

 

↓30分かけて一の越山荘に到着

少し休憩してすぐ登りはじめます

 

ここからは岩場

 

立山は『最初は楽だけど途中からの岩だらけのところが凄く大変。。。』

と周りからいろいろ聞かされてはいたんだけど

 

まさか こんな急な岩場・・とは想像してませんでした


 

けっこうな急斜だし
 
岩が滑るから 
しんどいと言うよりも 怖さのほうが先に出てきちゃいます
 
ストックを片付けて手を使ってよじ登ります
空気が薄くなって 息が上がり ぜいぜい・・と息が荒くなってきます
一歩踏み出す 足が中々上がらなくて
50歩進んでは休み。。の繰り返しでした
 
あともうちょっと↓ 
 
登っているとき 非常に足場が悪くて、写真を撮る余裕さえ無かったのですが
↑青空があまりにも眩しくて・・
怖かったけど パチリ
 
 
 
やっと↓頂上に到着!!
 
 雄山 3003メートル
 
 
 
さてさて 腹ごしらえ
今回は登山ツアーバスに参加したので
地元金沢の誰もが大好きな 芝寿司さん( http://www.shibazushi.jp/ )のお弁当がついてました
 
しっかり全部食べました^^
 
頂上からの眺めも素敵
雲がなければ 乗鞍などの山々が見えたはず。。
 
 
 
↓狭い頂上がどんどん登ってくる人たちで一杯になっちゃいました
富山県では小中学校で立山の登山遠足があるのだそうです
富山県民 みんな登ってる??
 
 
 
元気な小学生が降りてくる前に
降りないと。。 
画像ではさほど感じなかもしれないですが
こけたら まっさかさまに落ちそうなくらい急で
 
 
 
景色はいいんだけど
やっぱり怖い
 
滑ること10数回
こけそうになったの数回
運よく手が先に出て転ばなかったけど
心臓バクバク モノでした
 
足場を選びながら 怪我しないように ゆっくりと降りました
 
 
青い空と
山の稜線の境目のコントラストが とってもきれいでした



立山 岩場が 怖かったです
足場悪すぎです
 
立山なめちゃ いかんです(^^;)
 
白山の登山道が いかに整備されてて歩きやすいか、痛感いたしました
 


 
 
2016-09-01

2014年 乗鞍

2014年 7月


岐阜県の乗鞍岳に 登ってまいりました

 

この日は

案の定 あんまりお天気がすぐれなくて^^;

雨女だから しょうがないんだけど

 

高速走って 

岐阜県に入って トンネルを出たとたん、大雨。

高山市内も凄い雨。

 

乗鞍への入り口 ほおのき平から出てる 乗鞍行きのバスに乗り換えても 

凄い霧とガスで 真っ白で何にも見えない状態(^^;)

これは登れるのか・・ と思ってしまうくらいだったんですが~

 

↑ 畳平 ここから乗鞍に登ります

この日の畳平の気温 7度 

冬の気温です

 

でも、あんまり寒いとは感じなかったんですよね~


 

 

 

とりあえず 雨は降ってないので 登山開始 

ガスで真っ白 先が見えない

 


↑ガスの切れ間に見えた雪渓

 

水面の氷の色がとてもきれいでした

 

 


 

白山より高い標高なので 高い木は全くなく

高山地に生える ハイマツが 一面に広がっています

 

↑肩の小屋 休憩所 

ここから本格的な山登りになるので エネルギーチャージ

ここで おにぎりと バナナを パクリ。

 

 

前回登った白山は きれいに整備されていて とても歩きやすかったのですが

ここは 石 岩 が ごろごろで まさに 火山 という感じ

滑りやすくて 足元に注意しながら 登りました

 

 

ホントに突然なんですが↓↓

雲が切れて 夏らしい日差しと、青空が。




↑どんどん 雲が迫ってきます

 

↑すっかり みんなから遅れちゃってます


 

↑ここが頂上か!! と思いきや

コレを越えて もうふた山 向こう

 


↑山の稜線を歩きます ものすごい風で飛ばされそうです

 

1時間半かけて 頂上の 剣ヶ峰 3026m に到着


 


 

ワリと初心者向き。。といわれてる乗鞍だけど

空気の薄さに 最初はなれなくて

 風の冷たさと、上のほうは岩場だらけだったので ちょっとしんどかったです

 

 

転ばないよう 慎重に下山↓

 

 

↓雲が晴れて 乗鞍エコーラインが見えました


 

↓下山途中、頂上まで10分の富士見岳に登りました

もうしんどくて登れないよ~何て思ってたんですが

10分でちょいちょいと 登っちゃいました(笑)

ホントは 快晴ならば ここから富士山が見える。。らしいんです

 

最高のご来光スポットなんだそうです

標高 2818メートル

 

 

 

乗鞍岳のお花↓ (白山ほどたくさんは咲いてないんですが)

強い風にあおられ 岩場に咲くけなげな お花に 今回も 癒されました

↑イワツメクサ
↑イワキキョウ
↑トウヤクリンドウ

↑コマクサ



 

乗鞍は 休憩なしで登れば 往復3時間で登れる山なんだけど

私たちは 何度も休憩していたので 大体4時間ぐらいかかりました

  

スカッとした快晴の中の登山をしてみたいと 切実に 今、願ってます

雨女の私がいるかぎり ソレは 無理なんでしょうかねぇ~(^^;)

 

 
 




2016-09-01

2014年 白山の草花

 

白山には約300種の高山植物があるのだそうです

ホントに疲れ果ててるときに ふと目に入るかわいらしい高山植物に

心も体も癒されます

 

 

今日は

白山で撮ってきたお花の写真を載せたいと思います

 

といっても、

歩くのに精一杯だったので、たくさんは撮ってないのですが。

 

 

↑キヌガサソウ↓


大きなはっぱの真ん中に大きなお花が1輪

 

 

オオバミゾホオズキ

とげとげした葉っぱが特徴。

 

ダイモンジソウ

花びらが漢字の大の字に見えるので この名前になったのだとか。

 

クロユリ

日本では黒百合 と呼ばれていますが

外国では 花びらの色が茶色く見えるので(実際黒には見えないですよねぇ~(笑))

チョコレートリリー と呼ばれているそうです

 

コバイケソウ

とうもろこしの赤ちゃん見たいだったのでかわいらしくて 撮ったのですが

大きくなると こんな感じ↓↓です


 

毒がある植物で 食べると死んじゃうこともあるそうな

葉っぱが行者ニンニクに似ているので 間違って食べちゃう中毒事故が多いんだそうです

この葉っぱが木道のまわりに一杯群生してました

毒がある。。と知ると なんだか毒々しく見えちゃいますね(笑)

 

↑いろいろ調べたんだけど名前分からず^^;

↑ミヤマキンバイ


 


↑ ゴゼンタチバナ

葉っぱもいれて5センチぐらいの小さなかわいらしい花です

初めて発見されたところが白山の御前峰(ゴゼンガミネ)だったので

ゴゼンタチバナ と名前がついたそうです


 

コケモモ

 

ウラジロナナカマド

 

チングルマ

 

↑ツカザクラ


 

↑シナノキンバイ

 

↑ハクサンフウロ

 


↑ ニッコウキスゲ

 



少し時期が早かったのか お花もちらほらと咲いてる状態でした

8月ぐらいになれば お花の群生 お花畑が見られたかも

 

 

このお花たちに癒されて 雨の中、何とか白山登山 できました