FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-07-02

街道を歩く 馬篭妻籠

梅雨真っ最中の先月
中山道の宿場町 馬篭妻籠に行って来ました

ほんとはね
恵那山登山がメインだったのですが
行く前から雨だという事が分かっていたので
数時間で登れるという 富士見台を目指して
古代東山道を登ることに

古代東山道は 8世紀に作られた道で その昔は難所と言われていたという。。
今は 道も整備され軽登山感覚で登ることができます

残念ながら
なぜか
写真を10枚近く撮ったはずなのに
きれいに撮れたのは
これだけ↓

馬篭妻籠 201806 (1) 

この山で撮った写真のほとんどが
ピンボケで 画像がゆがんでいました。こんなの初めてです。

お昼から大雨が振りだし 早急に下山しました。

いつかリベンジできれば。


翌日は
昨日の天気が信じられないほどのいいお天気で
昔の宿場町の面影が残る 馬篭 妻籠 に行って来ました

馬篭妻籠間 中山道を8キロに渡って歩きます

外国人の方が 多く歩いていて
サムライロード って呼ばれてるらしい。

馬篭妻籠 201806 (3) 

坂道の街道の馬篭

その昔 馬が登るのは大変だったと思う。


時代劇のような はたごに今も宿泊できるんですね


馬篭妻籠 201806 (6) 


↓まだ朝早くだったので
 人通りもまばら


馬篭妻籠 201806 (7)


↓ ほんとは昨日登るはずだった恵那山。雲かぶってます

馬篭妻籠 201806 (8)

坂道を 峠まで頑張って登ります
ハイキング感覚で歩ける・・という事なんですが
坂道はしんどいです。

馬篭妻籠 201806 (10)
ここまでくれば あとは下り坂。

一石栃立場茶屋↓
無料のお茶屋さんです。
暖かいお茶を出してくれます

ちょうど薪をくべたのか もうもうと煙が上がって
中はもやってました。

馬篭妻籠 201806 (13)

人がたくさん行きかうところだからか
ほこりが多いからなのか
丸いオーブが写ってますね^^



昔の参勤交代で江戸へ向かう大名たちは
天候に左右されやすい東海道よりも 中山道を選んで通っていたのだとか。

馬篭妻籠 201806 (14)

こんな道が主要道路。。とは
なんとも風情がありますね。

馬も走ってた
飛脚も走ってた 中山道。

馬篭妻籠 201806 (16)


ゆっくり歩いて3時間コースを
私たちは2時間半で 歩きました

妻籠 到着。

馬篭妻籠 201806 (19)

馬篭は お土産屋さんやカフェ など 観光地化されちゃってますが
こちら妻籠は 落ち着いた感じ。

馬篭妻籠 201806 (20)

おなかがすいたので
冷たいおそばを頂きました

おいしかった~!!

馬篭妻籠 201806 (23)-1 


帰りは バスで馬篭まで。
約20分。

バスに乗るなり寝ちゃったので あっという間に着いちゃった

上から降りて 駐車場まで歩きます

馬篭妻籠 201806 (27) 


ここはなかなか いいところですね

外国の方が 大勢来るのも 納得です





スポンサーサイト
2018-06-09

高原を歩く② 霧が峰高原


1日目の夜にざっと雨が降っていたので心配だったのですが

2日目もいいお天気でした


ですが

この雨でエンジンが冷えたのか 車のバッテリーが上がってしまい

霧が峰の車山駐車場で エンストしてしまいました


困り果てた私たちだったのですが 

駐車場に集まっていた 痛車(いたしゃ←リンクあり)に乗ってる男の子達に 思い切って 

ケーブルを持ってるか たずねてみました


痛車に乗ってる男の子達って オタク・・暗い・・とか あんまりいいイメージは

持ってなかったんだけど


さすが 車改造してるだけあって

携帯のバッテリーケーブルを持ってる男の子がいて。


あっという間にエンジンがかかりました。


ほんとに 助かりました。この山の上でどうしようかと途方にくれるところでした。

お話しすると普通の男の子で、ただ2次元の女の子が好きなだけってだけ。

人は見かけで判断しちゃいけないわね。

これからは 痛車とは言わず 萌車(もえしゃ) と呼びます~(笑)



ということで


エンストしてしまったので

時間もたってしまい 予定していた 半分の トレッキングとなりました


ゆるやかな坂道を登って

霧が峰の頂上 車山をゆるゆると登ります。


美ヶ原・霧が峰 r- (15)


この辺りは ニッコウキスゲのお花畑が広がっていて

7月頃のシーズンは 壮観な風景になるんだそうな。


ビーナスライン↓

真ん中にグライダーの滑走路が見えます。

この写真だとわかりにくいですが


美ヶ原・霧が峰 r- (16)



車山(1925メートル)の頂上↓

この建物は 気象レーダー


美ヶ原・霧が峰 r- (17)


山を降りて

湿原地帯の木道を歩きます


美ヶ原・霧が峰 r- (18)


木道を歩くと 何故か 気持ちが安心します。


ほんとにいいお天気で 素晴らしい景色でした


美ヶ原・霧が峰 r- (19)



もう一ヶ月もすれば

お花畑が広がってるんでしょうけど

ちょっと季節が早かった。


.

湿地帯の上に

小さな山小屋がありまして。


ころぼっくるひゅって (←リンクあり)


1956年に創立 歴史を感じる建物です。


美ヶ原・霧が峰 r- (20)


今は簡単に 車で 来れるけれど

昔は 山を越えて やっとたどり着くことのできた山小屋。

山登りの人たちの安らぎどころだったんでしょうね。


サイフォンコーヒーがとてもおいしそうだったの。


どうしても飲みたくなってしまって。


たんぽぽのお花畑と 高原の山々を眺めながら 


美ヶ原・霧が峰 r- (21)


至福の一杯  です。



景色も おいしい。

癒されました~。


この カフェは お勧めです~ 

テラスで飲むことをお勧めします

でも セルフなんだよね(笑)名前呼ばれるの。




次回の登山は

恵那山の予定です

またご報告しますね^^

2018-06-09

高原を歩く① 美ヶ原


晴天の5月の末に

長野県の 美ヶ原高原と霧が峰に行ってきました。


登山と言うよりは トレッキングです


美ヶ原に到着したのは 11:00ぐらい


山を登らないでいい(しんどくない)・・という 気楽さで

気持ちも弾みます(笑)


まずはお昼ご飯を食べる 王ヶ頭(おうがとう)ホテルに向かって歩き出します


美ヶ原・霧が峰 r- (1)


牧場が広がっているので

牛を眺めながら 歩きます



美ヶ原・霧が峰 r- (2)               


王ヶ頭ホテルは ↑左の方にある小さく見える建物

ここまで歩くのに約90分

11時半を回っているので おなかがぺこぺこ

ホテルでは ビーフカレーが有名らしく 頭の中は ビーフカレーでいっぱい(笑)

頑張って歩かないと!!



でもね

結局食べたのは ビーフシチュー(笑)↓↓


実は この日の3日ほど前におなかを壊しまして

カレーの沢山のご飯が食べられるか ちょっと不安になりまして^^;


美ヶ原・霧が峰 r- (3)


で、ビーフシチューで大正解でした。

お肉が お口の中でとろけちゃいました

おいしかった~



↓ 美ヶ原の頂上 王ヶ頭 2034メートル


美ヶ原・霧が峰 r- (4)



王ヶ頭 から 20分ほど歩いたところにある

↓王ヶ鼻 2008メートル


美ヶ原・霧が峰 r- (5)



王ヶ鼻の先から覗いた風景↓ 高くて コレより先にはいけません~


美ヶ原・霧が峰 r- (6)


王ヶ鼻から ぐるりと回り道をして 

アルプス展望コースを周ってトレッキング。


普通のウォーキングシューズをはいていたのでちょっと足が痛くなりました。

トレッキングコースを舐めてました(^^;)





美ヶ原牧場の牛は

乳牛ではなくて 食用。。なのかしら?

ずいぶん毛並みがいいです



美ヶ原・霧が峰 r- (7)



美ヶ原には

日本一高いところにあるという 美ヶ原高原美術館があります↓


美ヶ原美術館(←リンクあり)


美ヶ原・霧が峰 r- (14)


丘のうえに彫像が並んで展示されています


13万平方メートルの敷地の野外彫刻美術館


これなんだろ~ と思うものばかり。


美ヶ原・霧が峰 r- (8)ren


美ヶ原・霧が峰 r- (13)ren



あんまり広くて

足も痛かったし西側の半分しか見れませんでした

残念~


その② 霧が峰 に続きます



2018-05-04

大原美術館と大塚美術館 バスツアーの旅 ②

美術館めぐり旅 その②です


大塚美術館は 四国の徳島にある美術館

個人的に 行こうと思っても中々行けるところではありません


バスツアーだと 2から3時間 見学時間を取ってあるツアーはあるのですが

この大塚美術館 とても2時間そこらで見て周れる美術館ではありません


わたしたちの行ったツアーでは 滞在時間5時間

たっぷり十分に見て周れる時間でした



大塚国際美術館 (←リンクあり)


朝一で入館


この大塚美術館は あの ボンカレーでおなじみの大塚製薬が設立

この美術館の作品はすべて 陶板に焼き付けられたもので

本物より本物 といわれるほど 完成度の高い作品の数々1000点が展示されています

劣化していく本物を 劣化しない陶板で 

現在の姿のまま 後世に残そうということで設立された美術館です





CIMG4063res.jpg



システィーナ礼拝堂 ミケランジェロの天井画

CIMG4086res.jpg

本物のシスティーナ礼拝堂は ライトアップされてれないので薄暗く見えづらいらしいのですが

ここはライトが当たってるので隅々まで見ることが出来ます



↓フェルメール 真珠の耳飾の少女


CIMG4065res.jpg


肖像権やなんやこんやで 人を入れて写してほしいとガイドからいわれてたんですけど

人を立たせるのも邪魔くさいので 

わざと斜めに撮っています



スクロヴェーニ礼拝堂↓ ここで白鳳も結婚式をしたとか


CIMG4075res.jpg



↓ラファエロ 美しき女庭師

CIMG4077res.jpg



↓ボッティチェッリ ヴィーナスの誕生

CIMG4078res.jpg



↓ボッティチェッリ 春

CIMG4079res.jpg



↓ダヴィンチ 最後の晩餐


修復前                 修復後

CIMG4082res.jpg

修復前後 比較できるのは 世界中でここだけ。



↓ モナリザ 凹凸を触ってみる事が出来ます


CIMG4084res.jpg



↓ ちょっと画像が小さいんですが ・・

 ベラスケス ラス・メニーナス(女官達)

CIMG4088res.jpg


遠近感がちょっとおかしくて 不思議な謎のある絵です。



おなかがすいたので

ランチをしようかと・・



↓3月にオープンしたばかりの ゴッホがモチーフのカフェ

CIMG4089res.jpg

アルルのゴッホの部屋の絵を再現してます



ゴッホのカフェでのランチはやめて 屋上のガーデンレストランへ行きました


屋上庭園にはチューリップが咲いてました


CIMG4092res.jpg


オランダ風 ランチ だそうです。

何処がオランダ風 なのか よく分かりませんが(笑)





↓リューベンス キリスト昇架

CIMG4094res.jpg

フランダースの犬 で ネロ少年が 最後に見た絵として 有名です



エルグレコの祭壇↓

CIMG4095res.jpg

真ん中の受胎告知 本物のマリアとガブリエルの絵は

大原美術館で見てきました





↓モネの大睡蓮

CIMG4096res.jpg



↓ ゴッホ ひまわり

CIMG4100res.jpg



↓ ドラクロワ 民衆を導く自由の女神

CIMG4102res.jpg



↓ナポレオンとジョセフィーヌの戴冠

CIMG4110res.jpg



↓ムンク 叫び

CIMG4112res.jpg


この絵は この人が叫んでいるのではなく 自然からの叫びに恐れている絵なのだとか

ムンクの叫び和三盆>が お土産やさんで売ってました(笑)


↓ピカソ ゲルニカ


CIMG4114res.jpg


沢山絵を見て周って

おなかいっぱい ・・って感じです


有名な絵ばかりなので

間近で見れて 写真も取れて しかも触れられる・・と言う贅沢な美術館


1周4キロ ここに来るときは 歩きやすい靴でないと 駄目ですね

わたしも けっこう 疲れました。


有名な絵のある中

私が気に入った2枚の絵↓


↓リィヴィエール

『エデンの園』


CIMG4108 cutres


19世紀後半の絵とは思えない 映画のワンシーンのような 素敵な絵です




↓ ベリ・リッカルド

『北欧の夏の宵』


CIMG4111cu res


この絵は 当時のスゥェーデンのエウシェン王子と 歌手のカリン


この二人 共通のクラブ?には入っていたらしいのですが

恋人の関係なのか お互い惹かれあってはいたけれど どうにもならなかった関係なのか

微妙な距離感が この二人の関係性を想像させますよね

二人の関係は謎なのだそうです。





ずっと行きたかった美術館なので

大満足でした


でも 2回目はいいかな(笑)


本物が見たくなりました






2018-05-04

大原美術館と大塚美術館 バスツアーの旅 ①


4月の21日22日に 美術館めぐりのバスツアーに参加しました。

倉敷にある大原美術館 と 徳島にある 大塚美術館


ツアーガイドいわく 美術館のみを見て周るツアー企画はあまりないそうで

美術館のみだからこそ 時間たっぷりの見学ツアーになっていました。


移動時間はとても長かったのですが 好天気に恵まれ とても楽しかったです。



6時間以上バスに揺られ 1日目の目的地 倉敷の大塚美術館に到着


倉敷は4回目。

いつも時間が無くて 駆け足で周った記憶しかないのですが

倉敷では3時間の時間があるので ゆっくり見て周れるかな。。と思いきや

案の定 時間が無くて。。。


CIMG4014 res


.

館内は撮影できないので 写真でご紹介できないのですが

ここで一番の

世界の宝といわれている『 エルグレコ(←リンクあり)受胎告知 』

シカと目に焼き付けてきました



そのエルグレコの名前の カフェ↓ とても気になっているお店なのです


CIMG4015 res


.

今回も 時間が無く ツタの絡まるお店の前を眺めるだけでした。

いつか 入ってお茶したい。



倉敷の美観地区


映画『るろうに剣心』 の ロケ地でした。

剣心が走り回っていたっけ。


CIMG4016 res



水路 一度 ↓船に乗ってみたいですね~



CIMG4017 res



アイビースクエア↓


CIMG4022 res


仕事で倉敷に来たときに ここのホテルで宿泊した事があります

多少古い施設でしたが 確か大浴場があったはず。。

レトロなレンガ造りの建物で 趣があります


3時間の滞在では回りきれない倉敷を惜しみながら

瀬戸大橋を渡り・・


.

途中 与島 のサービスエリアに立ち寄って


CIMG4025res.jpg


おだやかな瀬戸内の海と瀬戸大橋を眺めました。


ちょうど30年前の4月10日に開通。 すごいね 大きかった。

あっというに四国に渡りました 

CIMG4028 res



宿泊先は 香川県高松市。


宿泊のみで ツアーの中では 観光は組まれていないので


ホテルでのイマイチのヴィッフェを食べた後

夜の高松市内に出かけました


高松って 大きなアーケードで 有名ですよね

長さ2.7キロメートル 日本最長のアーケードだとか


CIMG4032 res


クリスタルドームは 海外ブランドのお店が並んでました


CIMG4033 res


でも~

この時間 8時ぐらいなんですが 人がいません。

そんなもんですかね(笑)。


うどんを食べようということになって

夜開いてる うどん屋さんを探したんですが~


高松のうどん屋さんって 土日休みのところもあり お昼しかやってないところが多く

飲み屋街のうどん屋さんも夜遅くでないと開かないので

セルフのお店で食べたかったんだけど

しょうがなく 普通のおうどん屋さんで 香川うどん県のうどんを食べました


CIMG4037 res udon


↑ 右端のうどん餃子 皮がうどんの生地で出来ているのかな・・と

 冗談でうどんが入ってるかもなんて言ってたら 中にも細かく刻んだうどんが入ってました

 あげ餃子でアツアツでおいしかったです


.


せっかく高松にきたんやきん 栗林公園を見に行きまい

(テキトーな高松弁(笑) 方言変換サイト(リンクあり) )


朝 5時半に起きて

早朝の栗林(りつりん)公園に行ってきました


松平家ゆかりの お庭です。


CIMG4038 res


栗林公園だけれども 栗の木はありません(笑)


池にはもやがかかっていました


CIMG4039 res


1周 大体1時間

朝のウォーキングには ちょうどいい。


         ↓ ちょっとわかりにくいけど ハート型のつつじ

           その名も<恋つつじ>


CIMG4053 res


狙って刈りこまれたわけじゃなくて 自然にそうなった っていうことなんだけど

ぜったい狙ってるよね(笑)



CIMG4060res.jpg


桜の季節 紅葉の季節 きっと 素晴らしい景色なんだろうなぁ


街の中の豊かな自然

外の景色とは別世界の静かな空間


さすが ミシュラン

観光する価値がある 三ッ星を獲得した 素晴らしい庭園です


その② 大塚美術館めぐり に 続きます




プロフィール

Author:yuminn01
何を思ってか 山登りを始めました
毎回々々人生の修行だと思って頑張って登ってます
旅行が大好きです
過去に行った旅行のお話も させていただきますね

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。